Junkのブログ

旅やお出かけ、映画などについて綴ります

ドレスコーズ「ざくろツアー」を見てきました

連休中日、恵比寿リキッドルームで「ざくろツアー」を見てきました。

情報解禁になったので、曲目も含めて感想を書きます。

 

f:id:junk117:20181001181814j:image

 

前野健太さん×ドレスコーズの2マンツアー。

お二人自身は10年位前に対バンもしていたけど、バチバチで一っ言も話さなかったそう。

それが、ある対談で再開し、意気投合。

今回のツアーにつながったそうです。

なんでもツアータイトル「ざくろ」の花言葉は「芳醇」。バチバチ時代を経て、今がどう変わっていったのか。

 

前野さん、初めて見ましたが、サービス精神旺盛で、しかも声がいい!(志磨さん曰く、「ショーケンみたいな声」)

志磨さんにバトンタッチする直前まで演奏してました。

かわいらしい大人の男の人、って印象。

飲み屋でやたら下ネタいうけどゆるされちゃうおじさん、みたいな。

 

そして志磨さん、ロックスターってないでたちでした。普段着には絶対できないお洋服。

最近は等身大の衣装でライブしてるバンドが多いけど、志磨さんはそうはいかない!

そしてそれが似合っちゃう!素敵すぎます。

ジュリーを彷彿としてしまいます。

平凡さんも素敵でしたが、この志磨さんも素敵。

 

★★セットリスト★★

  1. コミックジェネレイション
  2. もあ
  3. Ghost
  4. ゴッホ
  5. ザ・フー
  6. ハーベスト
  7. あん・はっぴいえんど
  8. ビューティフル
  9. 愛に気をつけてね
  10. 晩年

 

1曲目のイントロが流れた瞬間から歓声。

ロックスター全開でした。グラマラス感満載です。ライブでこの曲が聞けるとは。

ライブで「ナーナナー」ができてうれしい!

 

「もあ」もCDや「Don’t trust」ツアーの時のアレンジとは違う。ポップではなくロック。

 

生ライブ経験は「meme」からだったので、

ロック全開の志磨さんをフェス以外で初めて見た気が。

アドレナリンが出まくっていました。

前野さんには年の功なんて言ってましたが、「負けらんない戦い!」だったのでは

(それは前野さんも)。

 

特に好きだったのは

ザ・フール」と「ハーベスト」。

特に、志磨さん曰く「ハーベスト」は前野さんと会って、バチバチ期を経た今にぴったりの曲、とのこと。

2曲とも魅力が違うんだけど、

今の志磨さんが歌うっていうのが凄く説得力があるな、と感じました。

長―い道をずっと歩いて振り返ってみた感じ。わ、こんなに歩いてきたんだ、っていう。

「芳醇」というテーマにぴったりの曲達だな~って思ってじ~んとしてしまいました。

 

以前ツイッターでフアンの人が

「ずっと志磨さんが好きでよかった。

音楽を続けてきてくれてありがとう」

と呟いてて、

すごく感動したんですが、

本当にそう思います。

 

10年という長い時間、

志磨さんも前野さんも音楽業界を走り続け、

今ここにいるんだな、っていうのを再認識しあうというか。

ただ、ここがゴールではないので、

そこからまた熟成していく過程に立ち会えることを

大変嬉しく、そして楽しみに思います。

 

追伸

特に最終日は大阪美園ユニバースでライブとか。

ツイッターに画像が上がっていましたが、

本当にこのライブにぴったりのグラマラスな会場で、

羨ましすぎる。

【モラトリアム旅】深セン②

前夜のシャワーのダメージが思ったより深く、この日はなかなか起きれなかった…。

9時くらいに宿を出て、朝食にマーラータンの店に向かいます。

f:id:junk117:20180826174646j:image

こちらのマーラータンは冷蔵庫に野菜や肉などがかごに並べられており、

好きなだけ選んで、量り売りで調理してもらえます。

私はキノコ、パクチーが大好きなので、それらを中心にこんもり選びました。

(お腹がすいていて、写真を撮るのを忘れました…)

それでも20元(約350円)しなかったなあ。中国は食べ物がおいしい&安い!

 

ご飯を食べた後は街をぶらぶら。

サイゼリアを発見しました!

パスタが10元(約180円)とか、すごく安い。日本以下では。

f:id:junk117:20180826181032j:image

f:id:junk117:20180826181133j:image

 

 

老街にも行ってみました。

昔のガイドブックには危ない、と書かれていましたが、

普通~の街でした。薬局や飲食店、屋台がいろいろとでていました。

大きなショッピングセンターもありました。結構内装もきれい。

日本のギャルがイメージモデルをしているアパレルもありました。

歩いている人の服装(特に若者)は日本とあまり変わらない印象でした。

 

そのあとは今回の深センのメインイベント「中国民族文化村」へ。

長くなりそうなので、次の記事でご紹介します~。 

 

追伸

こちらで紹介したマーラータン屋、日本にもあるようです。

胡家小館 張亮麻辣湯 高田馬場

https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13221158/

こちらは量り売りではなく、野菜などは小分けのビニール袋に入れられていて、

それをカゴに入れてレジに持っていく方式でした。

3種(袋)で700円位だったかなあ。量り売りにしてほしいな~。

ちなみに高田馬場のほか、池袋、川崎、大阪の心斎橋なんかにもあるそうです。

【モラトリアム旅】深セン①

相当久しぶりのモラトリアム旅です。

 

香港から深センに向かいます。

地下鉄kwun tong線(緑の線)に乗り、

kowloon tongでeast rail line(水色の線)で乗り換え、羅湖駅で下車します。

大体40分位だったかな?

外国人は一応パスポートと荷物チェックはありますが、混んでなかったら10分弱で終わります。

 

1時間足らずで隣の国に行くって不思議です。

皆普段着だし。旅行ではなく、お出かけ感覚なんでしょうね。

実際、香港マダムが、週末にお買い得品を買いに来たりもするそう。

少し前は治安が悪いから、香港と同じ感覚で行ったら危ないよ!と言われていましたが、3年前に行った時と比べても、香港との差は縮まってる印象でした。

実際、深セン経済特区に指定され、中国第4位の都市だそうです。

急成長しているようで、でかいビルがバンバンできていました。

 

羅湖駅から宿へ。

駅から5分位で2泊150元(約2600円)。相当安い!

立地はとてもよく、近くにショッピングセンターやウォルマートもあります。

また、設備はカプセルホテル形式で、仕切りもきちんとしてるし、中には電源も!内側から鍵も閉まります。

f:id:junk117:20180820082135j:image

…が、それ以外は結構やばいです。

シャワーは4個中2個故障中、キッチンなどの共有スペースはかなり汚いです。

私以外は内地の人だったなぁ。

とにかく駅近で、安く!という人向けかも。

まぁ、そんな金額で文句言えませんが…。

 

宿に荷物を置いたら商業城へ。

洋服やカバン、中国茶の店なんかがぎゅうぎゅうに並んでいます。

客引きも相当熱心で、中国に来たなー‼︎って実感がひしひしと。ちょっと立ち止まっただけで纏わり付いてくる。

 

エスカレーターに乗ってたら、ネイルの客引きが。

「あなたのジェルネイル、伸びてるでしょ?」って。

凄い。そんな細かい所よくみてるなぁ〜。

付け替え込みで2000円位でやってくれるみたいなので、やってみる事に。

ただ、この時は相当お腹空いてたので、ご飯食べてから行くよ、と約束。

 

お目当ては商業城の最上階にある「丹桂軒(ローレルレストラン)」。
点心が美味しいのに、香港の6〜7割位のお値段なんです。この日はたまたま香港マダム2人組と一緒になり、お勧めを教えて貰いながら食事しました。

1人は日本にも住んでたことがあるそう。

私「日本のどこ?」

マダム「田園調布」

やっぱり〜。田園調布に住んでる(た)人、初めて見ました。
点心2種、炒め物、チャーハン、デザートのお汁粉まで食べて、大満足で終了。

f:id:junk117:20180820082040j:imagef:id:junk117:20180820082103j:image

 

 

店からでると、先ほどの客引きが。熱心なのか暇なのか。約束してたし、お店へ行きます。

店内はソファがずらっと並んでいて、スタッフの8割が男性。工程はほぼ日本と同じだけど、仕上げの拭き取りがトイレットペーパー(‼︎)だったり、道具や作業がラフだった印象でした。

実際剥がれたのも早かった。

まぁ、この金額で文句言えませんが…(2回目)。

ネイルの他、マッサージやアートメイク、シミ取りなんかもしてるみたいです。

参考にさせて頂いたHP:

www.tripadvisor.jp

 

www.e-asianmarket.com

 

 

その後は宿の周りをぷらぷら。

マーラータンの店やネギ餅の屋台があったりで、中国にきたなーと実感。

 

ウォルマートでビールを買って終了です〜。

 

追伸

夜にシャワーに入ったらお湯がでず、死にそうになりました…。

深セン、1月の夜は思ったより冷えます。

 

 

 

 

【思いつき旅】伊豆に行ってきました④

翌日は7時半~ヒリゾ浜へ。

公営の駐車場があるので、そちらに向かいます。

道中の道が狭い!

 

20分ほどで駐車場へ。

車で行くとフィンなどの荷物も全部積めるから楽ですね!

意外とダイビングの荷物は多い&重いので。

 

ボートに乗ったら、ヒリゾ浜へ。

ポイントから海に入ります。

が、まったく写真を撮っていません…

なぜなら、全然きれいじゃなかったから。

ボートの底が見えるどころか、透明度は5m以下だったのでは…。

ガイドさん曰く、観光客が多いのと、潮の関係だそう。

そのためか、生物も見えませんでした。

が、久しぶりのダイビングは楽しかったかな。

 

午後からシュノーケリングしにもう一度ヒリゾ浜に向かいました。

中木というところから渡し船に乗っていきます。

ピストン式に船が出ているので、予約の必要はなさそう。

船に乗っている時間は正味5分くらい。

 

そして、「浜」とついていますが、砂浜ではなく、石&岩です。

ごつごつしているのでシートなどをしいて寝そべるのは難しいかも。

私は折り畳みチェアを持っていきました。

あと、相当足場が悪いので、素足は無理。

マリンシューズやダイビングシューズで入るのがよいかも。

 

あとあと地元の人に聞いたら、

①明け方出発~午前中に遊ぶ

ヒリゾ浜周辺は大して深くないので、シュノーケリングで充分

③ご飯スポットはほぼないので弁当持参がマスト

とのことでした。

 

ヒリゾ浜に惹かれて見に来てくださったかた、

あんまり見どころなくて申し訳ありませんでした。

 

が、全体的に南伊豆の海はきれいでした。

ヒリゾも万全の状態だったら絶叫モノかもしれません。

体験できた方がいたら教えてください~

 

★参考にしたサイト★

南伊豆町観光協会

http://www.minami-izu.jp/entry.html?id=11366http://www.minami-izu.jp/entry.html?id=11366

 ②仲木にいこうよ

http://nakagi.jp/

【思いつき旅】伊豆に行ってきました③

翌日は8時に起床し、伊豆縦貫道を南下して下田に向かいます。

噂に聞く天城越え、本当に大変だった~。

カーブも多いし、一本道が多いし、ハードルが高かったなあ。

ループ橋では一人絶叫してしまいました。

 

途中でわさび丼が食べたかったけど、なんと休業…。

おなかがすいたまま下田に到着。

 

お昼ご飯を済ませた後は竜宮窟へ。

波の浸食により、がけがえぐれ、ドーム状の洞窟になったとか。

 

f:id:junk117:20180819161549j:image

f:id:junk117:20180819220907j:image

f:id:junk117:20180819220934j:image

洞窟の中から見る海がなんとも不思議な光景で、

ぼーっと見入ってしまいました。

f:id:junk117:20180819161931j:image

 

そして天井からは青空が望めます。

f:id:junk117:20180819161705j:image

こんな面白いものができるなんて、自然はすごいなあ。

izugeopark.org

 

そのあとは下田海中水族館に。

f:id:junk117:20180819161729j:image

名前の通り、海中に水族館が設けられており、水槽ではなく、

海中にイルカがいました!

f:id:junk117:20180819161808j:image

希望者はそのスペースでイルカと遊んだり、

カヌーでイルカの近くまで行ってイルカを観察したりできるそう。

子供とか、喜ぶんじゃないかなあ。

伊豆下田 下田海中水族館オフィシャルサイト

 

ショーを満喫したあと、宿に。

宿の近くに公営の温泉があり、そちらに行ってきました。

f:id:junk117:20180819161825j:image

温泉のほか露天風呂やサウナまであり、1時間半も長居してしまいました。

地元の家族連れもたくさんいて、

海水浴帰りの家族がわいわいきゃっきゃしていて微笑ましかったなあ~。

ここの人たちは毎週とか海水浴に行って、温泉行ったりできるのかなあ。

いいなあ~~。

ginnoyu.com

 

翌日はいよいよヒリゾ浜ダイビング。

早めに就寝しました!

【思いつき旅】伊豆に行ってきました②

またしても更新が遅れました…。

 

伊豆旅1日目は自宅から出発。この日は大事な目的がありました。

それは「さわやか」に行くこと…!

今更かもしれませんが、この記事を読んでからずっと行ってみたかったのです。

www.e-aidem.com

 

srdk.rakuten.jp

 

f:id:junk117:20180815190707j:image

14時ころに行ったのに待ち時間45分…。すごいとは聞いてたけど…。

整理券をもらって近くをプラプラして時間をつぶします。

システムが本当に優秀で、整理券についているQRコードのリンクを引いていくと、

待ち時間が出てきて、順番が近くなったら表示されます。

メールアドレスを登録するとメールも来るみたい。

待つのは嫌だけど、無駄が最小限になっていたので、ストレスが少しで済みました。

 

何を血迷ってたのか、フェアメニューの「ハンバーグ&ステーキ」がおいしそう過ぎて、

そちらとオニオングラタンスープを注文。

f:id:junk117:20180815190647j:image

評判通り、鉄板が熱いからジュージューいってる…‼︎

ソースが飛ばないように紙のシートで保護します。

焼き具合はハンバーグ、ステーキともにレア。

私はどっちかというとよく焼きがすきなのですが、

ステーキはさっぱりしてて、生臭くなく、食べやすかったです。

 ハンバーグは…なんか冷たかった…。しょんぼり

 

調べると、げんこつハンバーグ一択というし、

あれだけ絶賛されているハンバーグがそんなわけない!と思い晩御飯でリベンジ。

 

今度こそ間違いないようにげんこつハンバーグをオーダー。

店員さんが大きいナイフとフォークを持ってきて、横半分にカットし、

ぎゅーっと鉄板に押し付けてくれます。

ジューって音が、おいしさ3割増しくらいになります。

 

…が、やっぱり、冷たい。

半分カット→ぎゅーを経ているので、ふつうのハンバーグよりは冷たさは減ったけど、

中がやっぱ冷たい。

中はレアで、お肉好きな人やユッケ等の生肉が好きな人は好きなんだろうな、

と感じました。

私はよく焼きのほうが好きかも。

次はよく焼きにしよう。

  

なんだかんだで、お店を出たのが21時半くらい。

そこから修善寺の宿に向かいます。

さらになんだかんだで着いたのが22時30分。

宿の方、受付21時までだったのに、対応頂いてありがとうございました。

 

泊まったのはこちら

www.booking.com

 修善寺、いや伊豆?で珍しいドミトリー。

 

 古民家をスタッフ自らリノベしたらしく、とっても雰囲気がありつつ、きれいな内装でした。

ドミトリーもカーテンがついてたので、抵抗もなく泊まりやすかったです。

お風呂&トイレ&台所もお掃除が行きとどいていて使いやすかったです。

 

あ、あと、1階の共有スペースが掘り炬燵?方式だったのとか、

2階に飲食&ワークスペースがあったのがとっても良かった!

ワークスペースは電源&WIFIが完備されていたから、旅の調べ物をしたい人、

ブログなど書き物をしたい人にぴったり。

ドミトリー宿を選ぶとき、私の場合は共有スペースが充実してるかを重視しているのですが、

ここはワイワイしたい人と、のんびりやりたい人両方の需要を満たしているからいいですね。

宿内で軽食&飲み物(アルコール含む)を買えるともっといいかも。

コンビニも遠いし、需要あるんじゃないかな~?

 

チェックインしたあとはちょっとだけ散策。

東西に川が流れていて、水が流れる音を聞きながら街を歩くのは気分がよかったです。
水が潤沢にある日本っていいな、としみじみ。

また、竹林の小径も訪問。竹がライトアップされていて雰囲気がありました。

f:id:junk117:20180815190814j:image

23時に消灯なので、お早めに。

 

また、修善寺って温泉宿のイメージがありましたが、

公共の温浴施設も充実していました。

300円とかで利用できるんですよ?銭湯より安い!

あと、街中の駐車場も1日400円でした!

海外の人はもちろん、バイク旅や私のような思いつき&手軽旅大好き派にも受けるのではないでしょうか?

 

今日はさわやかで終わった一日だったなあ…。次回はもっと覚悟して来よう。

 

★後日また「さわやか」に来たのですが、今度は165分(2時間半…!!)待ちでした…!私より前に来たグループは11時~15時まで待ったといってました。4時間…

今回はよく焼きにしてみました。

「ぎゅー!」のサービスは見れなかったけど、こちらもジューシーで、肉の味がよくしました。

よく焼き派の方は是非お試しを!

【思いつき旅】伊豆に行ってきました

更新が激遅の「モラトリアム旅」を

一休み(一休みっていう長さじゃないかもですが…)して、

思いつき旅の記録を残しておこうと思います。

 

7月16日は海の日ということで、伊豆に行くことにしました。

なぜ伊豆かというと、透明度がタイやセブにも劣らないという「ヒリゾ浜」があるから。船底が透けて見えるほどです!

しかも7~9月限定とのこと。

南伊豆町のHPです

http://www.minami-izu.jp/entry.html?id=3393

3年くらい前にダイビングのライセンスを取ったのですが、

最近ご無沙汰なので、リハビリもかねて行ってまいります!

 

今回は無謀にも車旅。車庫入れもおぼつかないのに…。

最初は電車も検討したのですが、ヒリゾ浜付近は電車が通っておらず、

また南端の下田からのバスも本数が少ないので、車がベストとのこと。

(厳密にはヒリゾ浜にはバスもなく、最寄の中木から渡し船(!)でいくそう)

 

いろいろ調べていくうちにいろいろみたいところが見つかったので、

3連休まるっと使って行くことにしました。

 

実際の旅の模様は次回に~。